配当の行方

投票権の販売と的中配当は、パリミュチュエル方式という分配方式が採用されており、オッズ(倍率)は100円に対する配当金を示す方式が用いられています。
この方式により、馬券の売上額のうち控除率である約25%を引いた残り75%が払戻金として的中した人に配分されます。
払戻金は販売(投票)を締め切った時点で確定オッズとし、それを100倍した金額となります(同着1位等を除く)。

控除率は25%一律ではなく、的中が多いレース=本命サイドで決着したレースでは控除率は低くなり、的中が少ないレース=大穴が出たレースでは控除率が高くなりますので、平均して「約25%の控除率」となります。なお、控除されたうち10%が国庫に納付され、残りの15%がJRAの収入となり競走の賞金や運営などの費用にあてられていますので、高額配当が出てもJRAが損をすることはありません。

的中馬券の配当金

購入した馬券がいくら払い戻しになるかは、以下のような計算式で求められます。

掛けた金額 × オッズ(倍率) = 配当(払い戻し)

例えば、単勝オッズ3.7倍の競争馬が1着の場合、単勝1,000円分を購入した時の払戻金は
1,000(円) × 3.7(倍) = 3,700(円) となります。

配当金にかかる税金

馬券の配当金については一時所得として課税対象となります。
一時所得とは臨時・偶発的なもので耐火性のない所得の事で、競馬や競輪などのギャンブルで得た払戻金や、懸賞や福引、クイズ番組などの当選金がこれにあたります。一時所得には、最高50万円の特別控除がありますので、50万円超の儲けがでたときに税金の課税対象となります。

一時所得の金額は以下の式で算出されます。
総収入金額 - 収入を得るために支出した金額 - 特別控除額(最高50万円) = 一時所得の金額
上記の式から算出された所得金額の、1/2に相当する金額が課税対象となります。

例えば1万円で馬券を買い100万円が払戻しされた場合、
100万円(払戻金) - 1万円(的中馬券の購入費) - 50万円(控除額) = 49万円(一時所得)
49万円(一時所得) × 1/2 = 24万5千円(課税対象)
となります。

上記の一時所得の算出式から分かる通り、配当金からマイナスにできる馬券購入費は、当たり馬券に関する金額だけが対象となっていますので、ハズレ馬券への投資は費用として認められていません。
また1月1日から12月31日までの1年間の利益の合計に対して税金が計算されますので、年間収支がマイナスであっても、払戻金の合計が1年間で50万円以上あった場合は課税対象となります。3連単やWIN5などで高額払戻しのチャンスが増えていますので覚えておきましょう。