馬券の買い方入門

初心者にも分かりやすく JRAの馬券の買い方を説明します

うまコラボ
うまコラボ

赤のカード・フォーメーション

複数の馬(枠)を選んで、色々な組合せを買うときに便利なマークカードです。緑のカードのように個別に金額設定はできず、買い目は全て同じ金額で購入することになります。買い目によって金額を変えたい場合は、別のカードに記入しましょう。

  • 重複する組み合わせは1点として計算されます。
  • 同じ欄にマークされた番号同士の組み合わせは含まれません。
  • 単勝・複勝・応援馬券は購入できません。
赤のカード(フォーメーション)
  • 単勝
  • 複勝
  • 応援馬券
  • 枠連
  • 馬連
  • 馬単
  • ワイド
  • 3連複
  • 3連単
  1. 前日発売
    日本ダービーなど大きなレースは前日や前々日(金曜日)から馬券を発売します。 前日・前々日に購入するときはここをマークします。
  2. 場名
    レースの行われる競馬場をマークします。
  3. レース番号
    レースの番号をマークします。
  4. 式別
    馬券の種類をマークします。
  5. 馬番号(枠番号)をマーク
    馬券の種類によって、記入方法が異なります。
  6. 金額
    1点当たりの購入したい金額をマークします。数字と単位を組み合わせて記入します。
  7. 取消
    間違えて記入した場合はここをマークすると、その面(フォーメーション)に記入された内容は取消になります。

馬連・馬単を買う場合

「1着・1頭目」「2着・2頭目」の欄に購入する馬番をマークする。購入金額はすべて同額。このカードのメリットは、たとえば馬単で軸馬を絞りきれなくても、1枚のカードで購入できるということ。たとえば1着と予想した馬が3頭、2着はあるかもしれないと思う馬がさらに3頭いたら、1着欄、2着欄にそれぞれの馬番をマークすればいい。例えば1着馬①②③、2着馬①②③④⑤⑥なら買い目は15通りで6頭ボックス(=30通り)より買い目が絞れる。同じ赤のカードでながしの買い方もできる。

3連複を買う場合

1~3着欄のそれぞれに1頭以上をマークする。3つの欄で3頭以上違う馬がマークされていなければならない。「1着・1頭目」「2着・2頭目」に1頭、「3着・3頭目」に1・2着とは異なる数頭をマークすれば、軸2頭のながしと同じ考え方、買い方になる。

うまコラボ
うまコラボ

PageTop